読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

4回タップを2回タップに!iPhoneやiPadのパスコードを1桁にする小技

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

iPhoneやiPadにパスコードを設定している人は多いと思います。ほとんどの方はデフォルトの4桁数字で設定していると思いますが、実はちょっとした設定変更を行えば数字4桁以外のパスコード設定が可能になります。起動の度に4タップするのは煩わしいので、私自身もこの小技を使ってパスワードを1桁に設定しています。とはいえ、iPhone5Sについては指紋認証の方が圧倒的に便利なので、実際に便利に使えるのはiPhone5以前やiPadの認証になるかと思います。

 

f:id:aiza_wai:20140629213852p:plain

 

設定画面から簡単なパスコードをオフにする

設定方法はとても簡単です。iPhoneの「設定」から「Touch ID とパスコード」を選択して、その後、簡単なパスコードの部分をオフにするだけです。(設定を変更する際に、現在のパスコードを求められます。)

 

f:id:aiza_wai:20140629212052p:plain  f:id:aiza_wai:20140629212108p:plain

 

上記の設定でパスコード入力画面が数字4桁では無く任意文字のキーボード入力画面に変化します。

 

f:id:aiza_wai:20140629212256p:plain

 

数字4桁以外の好きな文字・文字数でパスコードが設定できるようになったので、これで1桁だけのパスコードにしてしまえばOKです。これまでは4回タップしなければならなかったところを「指定の文字の入力 → 完了」の2回のタップまで減らすことが可能になります。

 

1桁でセキュリティは大丈夫?

セキュリティが弱くなるのでは?という懸念もあるとは思いますが、数字以外の入力項目も増えて、かつ、パスワードが何桁かが分からない見た目になるので、(1桁である事が知られなければ)数字4桁の時と比較しても、それほどセキュリティレベルは落ちていないように思います。

 

セキュリティを向上させるためにも利用可能

もちろん、楽をするためで無く 、セキュリティレベルを向上させるために利用することも可能です。長いパスコードに変更して、英数字記号を組み合わせれば、4桁の時とは比較にならない位セキュリティレベルが上がります。

 

指紋認証はもっと便利

楽をするという観点では、iPhone5Sを使っている場合は「指紋認証」の方が圧倒的に便利ですので、そちらを使うことをオススメします。私もiPhone5Sに替えてからはほとんど指紋認証で入っているので、キーボードでパスコードを入力する事はほとんど無くなりました。(一応、今も昔の名残で1桁パスワードを設定しています。)

 

あとがき 

この記事を書いて、自分が1桁パスワードを設定していた事を公開してしまったので、一応、記事を書いた後にパスワードを長いものに設定し直しました。誰も気にしないと思いますが、念のため。普段ヘビーに使っているiPhone5Sは指紋認証できるので、実質問題なし。日々のアップデートで精度も高くなり、指紋認証ほんと便利です。