読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

紙の本を買うと電子版も無料で読める!TSUTAYAとBookLiveが提携で紙の本と電子書籍がつながるサービスを展開

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とBookLiveが、日本最大の総合書籍プラットフォームを生み出す事を目的に、6/30に戦略的パートナーシップに基本合意したことが明らかになりました。両者が共同で推進するのはBookLive!とTSUTAYAのサービス連携。TSUTAYAで紙の本を購入するとBookLive!で電子版が無料提供されるサービスが目玉です。

 

f:id:aiza_wai:20140701084842p:plain

 

Booklive!って何?

TSUTAYAを知っている人は多いと思いますが、BookLive!は初めて聞いたという人も多いと思いますので、簡単な解説を。

BookLive!」は多種多様なジャンルを扱う総合電子書籍ストアです。電子書籍ストアとしては、国内ナンバーワンの売上を誇ります。

 

f:id:aiza_wai:20140701082007p:plain

 

PCの他にも、スマートフォンやタブレット端末にも対応しており、購入した書籍は様々なデバイスから閲覧することが可能となります。(iPadは大丈夫ですが、残念ながらMacは未対応)

 

f:id:aiza_wai:20140701082205p:plain

 

無料作品や、一部コンテンツを無料で立ち読みできる電子書籍もいくつか用意されていますので、お金をかけずに電子書籍を読む事も可能です。

 

また、TSUTAYA以外にも既に連携しているサービスもいくつか存在します。

  • 三省堂書店の電子書籍サービス「デジ本」
  • 三省堂書店書店のポイントサービス「クラブ三省堂ポイント」
  • 本屋で買える電子書籍カード「Booca」

Boocaについては、下記の記事でもご紹介しました。

今回の大きなサービス提携によって、BookLiveの連携サービス内容にも今後変化が出てくるかもしれません。

 

TSUTAYAとBookLiveの共同提供サービスの内容

共同で提供されるサービスの内容は下記の通りです。

 
サービス概要
Tポイント BookLive!で電子書籍を購入すると、Tポイントがたまる
AirBook TSUTAYAで本を買う際、Tカードの提示で購入後BookLive!で無料(もしくは値引き価格)で電子版を提供(許諾済みの作品のみ)
FastRead TSUTAYAで本を注文すると、本が届くまでの間、電子版を無料で提供
BookLive! SPOT BOOK&CAFEスタイルの「TSUTAYA」に限定Wi-Fiスポットを設置し、BookLive!の電子書籍などを楽しむことができる
TSUTAYA 360 TSUTAYAでDVDやCD、GAME、キャラクターグッズなどをレンタル/購入すると、作品やコンテンツに関連する電子書籍が無料もしくは値引き価格で購入できる
TSUTAYA店頭での電子書籍購入 TSUTAYA店頭の検索機で電子書籍を検索、レジで購入できる
共通本棚 BookLive!およびTSUTAYAで購入した書籍を格納する共通本棚を構築。紙、電子を問わず一元管理できる
 

タイトルでも書いてますが「購入した紙の本の電子書籍が無料でもらえる」が一番魅力的ですね。今回の提携でBookLive!でもTポイントが貯まる・使えるようになります。

 

尚、TSUTAYAには自社で運営している「TSUTAYA.com eBOOKs」もあります。こちらについても、TSUTAYAの総合サイトのコンテンツサービスの1つとして、今のところは今後も継続予定とのことです。

 

狙うはネットとリアルをつなぐ書籍共通プラットフォームの構築

両者が狙うのは、紙の本も電子書籍も全て包括した書籍に関する共通インフラの構築です。

  • 国内No.1書店チェーンのTSUTAYA
  • 国内No.1電子書籍業者のBookLive

この2社が組むことで、これまでに無いネットとリアルをつなぐ書籍の共通プラットフォームの構築を目指しています。

このプラットフォームは出版社や書店にも今後開放していく予定との事で、参加を強く呼びかけています。

 

あとがき 

紙の本と電子書籍の間には、まだまだ乗り越えなければならない壁は多いように感じますが、電子書籍はよく読むので、このような取り組みは大歓迎。技術書など、あとで検索したいような場合はこのようなサービスは重宝しますね。ブクログをよく使っているので、何かしらサービス提携してくれたらいいなぁと思います。

最近書く機会が増えて、その分、読む機会が減った感があってちょっとアンバランスな感じ。うまくバランスを整えていきたいです。

 

TSUTAYAアプリ

TSUTAYAアプリ

  • Culture Convenience Club Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料
電子書籍 BookLive! Reader

電子書籍 BookLive! Reader

  • BookLive Co., Ltd.
  • ブック
  • 無料