読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

KADOKAWAがTwitterタイムライン上で電子書籍をそのまま読める新サービスを提供開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

KADOKAWAがTwitterとコラボし、タイムライン上でePub形式の電子書籍が読める世界初のサービスを開始しています。昨日7/2に開催された「国際電子出版EXPO / 国際ブックフェア」で新サービスとして発表されました。Twitterのつぶやき上で画像をそのまま閲覧できるように、電子書籍を読む事ができるようになります。

 

f:id:aiza_wai:20140703084533p:plain

 

技術的には「Twitterカード」を使って実現

技術的には、Twitterが提供しているタイムラインに各種データを掲載する仕組み「Twitter カード」を用いて実現されています。

Twitterカードとは、ツイートで参照されるURLのWebページに専用のコードを入れておくことで、ツイート上で参照したURLのコンテンツをリッチに見せる事ができる技術です。通常はURLの文字列にリンクが付いた形式で表示されますが、Twitterカードを使えば画像・音声・動画などをツイート上にそのまま表示できます。この技術を使って、電子書籍データをそのまま表示しているというわけです。

 

電信書籍で使われるePub形式のデータをツイートに埋め込めるようにしていて、

  • PC
  • スマホ
  • タブレット

などからアクセスした Twitter のタイムライン上で、 ePub 電子書籍が購読できるようになります。

 

Tweetがプロモーションの手段に

読み手にとっては、Twitter からほかのサイトへ移動せずに作品を読めるので、購買の動機付けとして有効な

  • 試し読み
  • 立ち読み

を Twitter 内で完結させることができます。

書籍情報を含んだつぶやきがリツイート(RT)されれば、それだけでTwitterのソーシャルネットワークの中で他の人へと口コミ的に伝わっていくので、出版社としてはプロモーション手段の1つとして期待ができます。

 

対応コンテンツは「tw-epub.com」で配信中

f:id:aiza_wai:20140703085523p:plain

 

Twitter タイムライン埋め込み用の ePub形式 データは「tw-epub.com」で公開されていて、Twitter ユーザーなら誰でも投稿可能です。

投稿データには外部サイトへのリンクを含めると、ユーザーをワンクリックで購入サイトへ誘導できるようになっています。試し読み→購入サイトが王道の流れでしょうか。現在投稿されているコンテンツは、角川の作品が何ページか試し読みできて、その後、角川の電信書籍販売サイト「BOOK WALKER」に誘導するものが多いようです。

 

あとがき 

ドワンゴとの統合もあって、最近のKADOKAWAは勢いを感じますね。個人の出版物もこのプラットフォーム上でどんどん発信されたら面白くなりそうです。ソーシャルな世界が広がって、本当に良いものはオーソリティが無くても口コミでどんどん広がる時代になりましたが、まさに、そんな流れを後押しするサービスになる気がします。

 

Twitter

Twitter

  • Twitter, Inc.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料
BOOK WALKER (電子書籍)

BOOK WALKER (電子書籍)

  • BOOKWALKER
  • ブック
  • 無料