読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

アンチノイズキャンセリング!雨にも強くて運動に適した周りの音が聴こえやすいブルートゥース対応イヤホン「BackBeat Fit」

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

本日は、運動しながら音楽を聴く人に最適なイヤホン「BackBeat Fit」(バックビート フィット)をご紹介。ランニングしながらでも周りの音が聴こえやすい、アンチノイズキャンセリングな仕様です。スポーツウェアに合うデザインで、激しい運動をしても邪魔にならないようコードも工夫されています。運動する際に音楽を聴くための、最良の一手になりそうな予感。

 

f:id:aiza_wai:20140712130438p:plain

 

運動時に嬉しいブルートゥース対応コードレスイヤホン

 「BackBeat Fit」は運動する時に音楽を聴く事を考えて作られたブルートゥース対応のイヤホン(ヘッドセット)です。ブルートゥース対応のため、iPodなどの音楽再生機器にコードをつなげることなく音楽を聴く事ができます。

 

激しい運動をしても邪魔にならないよう、後頭部のコードも短めに設計されています。運動時の汗や雨に濡れても壊れない防滴仕様になっていて、屋外での運動でも安心です。

 

f:id:aiza_wai:20131204161600j:plain

 

更にコード部分には光を反射する特殊コーディングがされており、夜の暗い時間帯でランニングやウォーキングする際でも周りからの視認性を高めてくれて万が一の事故を防げます。

 

f:id:aiza_wai:20140711145731j:plain

 

ほどよいフィット感で周囲の音を取り込む

イヤーピースはやや大きめの設計。キツすぎずユルすぎずで、周囲の音をいい感じで取り込んでくれます。

 

f:id:aiza_wai:20140712132857j:plain

 

運動時以外でも、遮音性が高すぎないことによって、例えば電車のアナウンスを聞き逃さないとか、声をかけられた時に音楽を聴きながらでもコミュニケーションが取れるとか、別シーンでのメリットも考えられます。2メートル程度の距離感であれば、問題無く会話できるようです。ただしその分、音漏れはしやすい構造になっているので周りに迷惑をかけないように要注意。

 

基本スペックなど

製品仕様は下記の通りです。

  • 本体重量:約24g
  • 最大約8時間の音楽再生
  • ブルートゥースv3.0対応
  • 日本語の音声アラート対応
  • マイクロUSB充電
  • ヘッドセット対応で通話もOK
  • 音楽再生&一時停止ボタンあり
  • 受電ボタンあり

 

カラーは下記の2種類です。

ブルー

f:id:aiza_wai:20140712131532p:plain

グリーン

f:id:aiza_wai:20140712131543p:plain

 

専用のケースも付いています。

 

f:id:aiza_wai:20140712132540p:plain

 

お値段は14,800円で、高級イヤホンに足をちょっと踏み込むくらいの価格設定ですが、デザインや機能を考えたら妥当感のある金額かと思います。

 

日本での発売は7/17(木)からです。Amazonから、既に予約注文ができます。 

 

もっと詳しい情報が知りたい人は、公式サイトをチェックしてみてください。

ユーザーガイドにも詳細な仕様や使い方が説明されています。

 

あとがき 

いまのところイヤホンはBoseのMIE2iで満足していますが、ブルートゥースのも1つあると何かと便利そうなので、心惹かれてしまいます。(ちなみに、イヤホンを食べる生物テトランもオススメです。)

それにしても最近、都内ではランニングする人がほんと増えましたね〜

皇居の周りや河川敷では誰かしら走っていますし、最近は街中でもちらほら走っている人を見かけます。時代のニーズに合ったイヤホンだとは思うので、使い勝手が良くて口コミで広がれば結構売れそうな予感がします。

 

【正規品】 TUNEWEAR TUNEWEAR TETRAN ホワイト TUN-IP-000112

【正規品】 TUNEWEAR TUNEWEAR TETRAN ホワイト TUN-IP-000112