読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

スネ夫も驚愕!世界最小9gのラジコンヘリコプター「ピコファルコン」が空を飛ぶ時代がやってきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

9gのヘリコプターをリモコンで飛ばせる時代になりました。バンダイの子会社であるシー・シー・ピーは、年末に重さ9gの赤外線ヘリコプター「ピコファルコン」を発売します。この小ささと軽さは、きっとスネ夫も驚愕。子供の頃にスネ夫気分を味わいたかった方は要チェックです。

 

f:id:aiza_wai:20140904001704j:plain

 

全長59mm、重さ9gの世界最小赤外線コントロールヘリコプター

ピコファルコン(PICO-FALCON)はバンダイ子会社のシー・シー・ピーが手掛ける全長59mm、重さ9gの世界最小赤外線コントロールヘリコプターです。

 

f:id:aiza_wai:20140904001859j:plain

 

付属のコントローラーを使って、

  • 上昇
  • 下降
  • 左右回転
  • 左右旋回
  • 前進
  • 後進

が可能です。

  • 高性能ジャイロセンサー搭載
  • 二重反転機構

によって、安定飛行を実現しているとのことです。と、言っても何のこっちゃって感じですね。ジャイロセンサーとは角速度センサーのことで、回転角速度の測定を実現する慣性センサーのことです。そして、二重反転機構とは、プロペラを2つ配置し、各組を相互に逆方向に回転させる仕組みのことです。相互に反対方向に回転させることで、プロペラ効率が向上するとのこと。確かにプロペラが2つ付いていますね。

 

更に詳しい内容が知りたい方は下記をご参照下さい。

 

機体とコントローラーが収納できるキャリングケース「ピコボックス」が付属します。

 

f:id:aiza_wai:20140904001745j:plain

 

カラーはオレンジ、グリーン、ブルーの3種類です。

オレンジのピコファルコンはまるでハチのよう。

 

f:id:aiza_wai:20140904001821j:plain

 

f:id:aiza_wai:20140904002718j:plain

 

f:id:aiza_wai:20140904002726j:plain

 

残念ながら発売はもう少し先で、年末の12/5に発売予定です。お値段は税込で4838円。2015年3月末までの約4カ月間で5万個の販売を目指しているとのこと。これ、結構売れる気がします。

 

ナノファルコン(NANO-FALCON)も絶賛発売中

実はピコファルコンは、超小型ヘリコプターラジコン「ナノファルコン」の後継であり、こちらは現在絶賛発売中です。(2014年6月8日発売)

 

赤外線ヘリコプター NANO-FALCON ナノファルコン

赤外線ヘリコプター NANO-FALCON ナノファルコン

 

 


世界最小の無線ヘリ「ナノファルコン」 - YouTube

 

こちらは全長65mm、重さ11gとピコファルコンに比べるとほんの少しだけ大きめ重め。それでも、現在の世界最小記録を持っているわけですが。正直、デザインは無骨すぎて微妙ですね。

 

f:id:aiza_wai:20140904001623j:plain

 

ピコファルコンはナノファルコンを30%小型化しています。電子基板のサイズも軽量化を突き詰めるためカットされ、合わせて、機体部分の長さは46mmにまで抑えられています。その分、前に踏ん詰まったようなデザインになってはいますが、これはこれでいい味出してるかと思います。

 

あとがき 

軽量化と聞いて、子供の頃に夢中になっていたミニ四駆を思い出しました。軽くするために穴空けてメッシュはったりしてたなぁ。