読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

タップして絵合わせすればOK!Googleがスマホ時代の新しいボット検知の仕組み(reCAPTCHA)をリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

Googleがスマートフォンサイトを意識した新しいボット検知の仕組み(reCAPTCHA)をリリースしています。従来はサイトに表示された一見読みにくい文字をテキスト入力して一致確認するのが通例でしたが、文字入力が面倒なスマホの使い勝手を考慮し、タップだけで検証ができるように進化しています。

 

f:id:aiza_wai:20141208082825p:plain

 

reCAPTCHAって何?

「reCAPTCHA」という言葉は私も初めて聞きましたが、誰もがその仕組をどこかのWEBサイトで一度は見たことがあると思います。読みにくい文字が表示されて、頑張って目を凝らして解読して入力するアレですね。

 

reCAPTCHAとは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。

 

 上記の文章は下記サイトからの引用ですが、後半部分は驚きでした。単純なボットからのサイト防御ではなく、あの検証作業自体が紙の本をデジタル化するためのOCR精度向上に利用されているそうです。

 

 

一度で二度美味しい従来のreCAPTCHAですが、ボットは年々進化していてこれまでは不可能だった文字認識は突破されつつあるそうです。そこでGoogleからの新しい時代のreCAPTCHAの提案、というわけです。

 

新たに登場したタップだけで検証できる画像認識のreCAPTCHA

 


Introducing the no CAPTCHA reCAPTCHA - YouTube

 

Googleがリリースしたのは、画像認識を使ったタップだけで検証可能なreCAPTCHAです。上記の紹介動画を見てもらえば、その概要はすぐに分かるかと思います。(約50秒)

 

f:id:aiza_wai:20141208082011p:plain

 

具体的な使い方は、一言で言うと「絵合わせ」です。あるイメージ(鳥や猫の画像)が表示されるので、それと同じものを全て選択するという検証。文字入力は不要で、人間にしか分からない情報で検証するというわけです。

 

この新しい仕組みをWEBサイトに導入したい場合は、公式ページからGoogleアカウントでログインして利用登録すればOKです。下記サイトの右上の「Get reCAPTCHA」から登録ができます。

多くのサイトで50%以上はスマホからの流入という中で、非常に時代にあった仕組みになっていると思います。登録系のサイト運営をしている方は、是非とも検討してみてください。

 

あとがき 

もっと技術が進歩したら、この画像認識すらも突破されてしまいそうではありますが。そうなったら、どんどん人間に近づいている証拠でもありますね。