読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

iPadに付属している12WのUSBアダプタを使えば、iPhoneの充電スピードを地味にアップできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

iPhone6 / 6 Plus になってバッテリー容量が増えて性能がアップした分、今までよりも充電時間が長くなりました。特に充電が切れてしまって動かなくなった時なんかは、イライラしたり。でも実は、iPadに付属している12Wの四角いUSB電源アダプタを使うと、充電にかかる時間を短縮することができます。Appleの公式サイトにも乗っているので、安心の方法です。

 

f:id:aiza_wai:20150126215911j:plain

 

iPad付属のUSB電源アダプタなら初期の充電速度が速い!

Appleの公式サイトにも記載されている通り、iPhone5s やiPhone6 / 6 Plus でも、問題無くiPadに付属している12W(2.4A)のUSB電源アダプタを使うことができます。

 

 

ちなみに、iPhoneに付属しているのは5W(1A)のアダプタです。(単品で買うと、値段は一緒なのですね...)

 

例えば、iPhone6を12W電源アダプタと5W電源アダプタで充電した場合の時間を比較すると...(参考: iPhone6/6 Plusを早く充電するには、iPad付属の12W USB電源アダプタを使うべし! | iPhonePLUS

 

時間 12W 5W
30分  40%  34%
60分  72%  63%
120分  96%  94%

 

確かに、12Wの方が充電スピードが高いのが分かります。特に充電し始めの頃にスピードに差がでるようです。(2時間程度充電すると、ほとんど差が無くなりますね。)

それほど差があるわけではありませんが、充電が切れてしまって速くiPhoneを復活させたい時にはこの差が地味に嬉しかったりするかもしれません。

 

もっとはやく、たくさん充電したいなら

もっと速くたくさんのデバイスを充電したいなら、Ankerの急速充電ポートがオススメです。最近発売されたAnkerの6ポートタイプの急速充電器なら、全体で60W・各ポート毎に最大2.4Aまで割り当てることができるので、iPhone6 Plusでもフルスピードで充電することができます。

 

 

新発売の6ポート版には充電ステーションは付いていないので、もし充電ステーションも欲しい場合は、現在は1つ前の5ポート充電器が選択肢になります。

 

 

あとがき 

自宅ではiPadとiPhone6を同じところで充電していたので、意識無く12Wのハイスピードで充電していました。Ankerの充電ステーションを買うかどうかは未だに悩み中です。今買って、6ポートの充電ステーションが出たら、何となく後悔する気がします...