読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

帰りの電車でiPadを使って読んでたKindle本の続きを自宅のMacで読める!「Kindle for Mac」日本語版がリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

電子書籍ユーザーには嬉しいニュース。AmazonからMac上でKindle本を読めるアプリ「Kindle for Mac」の日本語版が公開されました。早速インストールして使ってみましたが、大きな画面で読めていい感じ。ネットに繋がっていればiPadと読書の進捗状況も同期されるので、通勤中はiPad ⇒ 帰宅後はMacでなんて使い分けも可能になります。

 

f:id:aiza_wai:20150215114206p:plain

 

アプリは公式サイトからダウンロード

「Kindle for Mac」は今のところアプリはAppleStoreからのダウンロードではなく、下記の公式サイトからダウンロードしてインストールします。

インストール後にアプリを立ち上げてログインすると、Amazonアカウントで以前に購入したことがある電子書籍を読むことができます。クラウド上に保存されている書籍をMacにダウンロードして読む仕様なので、一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも読むことができます。

 

iPadやiPhoneとMac間で読書情報を同期できる

他のKindleアプリと同様、端末間で読書情報をシェアすることができます。

  • どのページまで読んだか?
  • どのページに付箋をつけたか?

などなど、読書の進捗状況をiPhoneなどスマートフォンを含む端末間でシェアすることができるので、帰りの電車の中でiPadで読んでたKindle本の続きを自宅のMacで読む、なんてことも可能です。

 

ちなみにWindows向けのアプリケーション「Kindle for PC」は既に2015年1月に公開されていて、今回のMac対応で主要なOSにはほぼ対応仕切った形となります。

 

あとがき 

Kindle本は頻繁にセールを行っていることもあって、賢く使えば一般の本よりも非常に安く買えるのが魅力。私も一般価格と比較してあまりにもお得な時や、紙の本を買う程でもないなぁと思った時は、たまーにKindleで購入します。正直、個人的にはまだまだ紙本の方が良く思えてしまいますが、端末間で情報をシェアできるなど、紙本には無い付加価値をもっともっと貪欲に突き詰めれば、電子書籍の方がアタリマエの時代がいつか訪れるかもしれませんね。