読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

動画学習サービス「schoo」が国内大学と連携してビジネスパーソン向けに厳選した大学授業を無料で配信!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

名教授の大学授業も、WEBで無料で聴講できる時代になりました。コミュニケーション型動画学習サービス「schoo」が、全国の10の大学と連携し、授業の無料ライブ配信サービスを開始しました。配信された授業は録画公開もされ、schooのサイトでいつでも視聴可能となります。年度内に30の大学との連携を目指しているそうで、大学教育のインターネット化に本腰で取り組むようです。

 

f:id:aiza_wai:20150307143028p:plain

 

 

ビジネスパーソン向けに厳選された名教授の授業を無料で生放送

現在提携しているのは下記の10大学です。

  1. 法政大学
  2. 近畿大学
  3. 関西学院大学大学院
  4. 東海大学(教養学部芸術学科)
  5. 中央大学
  6. 京都造形芸術大学(通信教育部)
  7. 京都工芸繊維大学
  8. 高野山大学
  9. 聖学院大学
  10. J-SCHOOL

配信予定は下記のサイトから確認することができます。

 

 

ライブ配信(生放送)なので、放映される時間に「schoo」の配信サイトに行けば、schooのアカウントさえ持っていれば誰でも無料で視聴することができます。

また、すべての授業は録画公開予定とのことです。その場で見なきゃいけないのは正直しんどいので、あとで録画された動画を空いた時間にゆっくりと視聴できます。

キャリアをどう設計していくかの話や、ファイナンス、エネルギー、インフォグラフィック、エンジニア向けリーダーシップなどなど、ジャンルはバラバラではあるものの、ビジネスマンにとって魅力的に映るトピックが厳選されてピックアップされている感がありますね。今のところschooに登録しているデザイナーやエンジニアが興味を持ちそうな分野が多いものの、長期的な方針としては、その点にはそれほどこだわっていないように思います。

 

あとがき 

録画公開もしてくれるのが素晴らしい。録画OKとするとプレミア感が無くなって、観る動機付けがなくなるので、そこらへんのバランスは提供側としては難しそうですが、長期的に媒体の価値を上げていくためには、どんどんコンテンツが貯まっていって、かつ色褪せない工夫が必要ですね。

正直、大学の授業の質は本当にピンキリだと思っているので、そこを厳選しているだけでも価値があると思います。そんな厳選されたコンテンツが貯まっていって、加えて、本当に必要な人に授業を見せることができるマッチングの仕組みが整ったら、本当に価値のある教育プラットフォームになりそうです。現在はデザイナーやエンジニア向けのサービスが中心となっていますが、schooの幅の広がりに今後も期待です。