読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

ピロピロ笛の長さで日本語入力できる「Google日本語入力ピロピロバージョン」を本当に再現した電子部品キットが発売!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

エイプリルフールネタとして今年Googleが発信した「Google日本語入力ピロピロバージョン」が、なんと本当の商品として発売されました。ピロピロ笛の伸びる長さに応じて文字が入力できるという、どこで使えるのか分からないアイデアではありますが、ギーク心をくすぐられた方はチェックしてみはいかがでしょうか。

 

f:id:aiza_wai:20150411154446j:plain

 

Googleのエイプリルフールネタ「Google日本語入力ピロピロバージョン」

なんだか最近エイプリルフールなんてWEB界隈だけでしか盛り上がっていない気もしますが、今年Googleが出したネタの1つが「Google日本語入力ピロピロバージョン」です。

 

www.google.co.jp

 

何気に、URLもピロピロみたいでシャレてます。

 

ピロピロ笛の長さで日本語入力をするという、どこで使えるのか分からない仕様ではありますが、紹介サイトはかなり力入っているので、気になった方は是非とも一度見てみてください。

 

ピロピロインターフェースを本当に実現

そんなグーグルさんのネタに乗っかって、本当にピロピロインターフェースを実現したメーカーが登場しました。スイッチサイエンス社が発売した「ピロピロインターフェース 電子部品キット」は、Bluetooth通信を使ってスマートフォンやパソコンと接続できるピロピロ(吹き戻し)を作るための電子部品のセット販売品です。

 

より詳細な情報や製作秘話が知りたい方は、下記のブログを御覧下さい。実際に文字を入力するシーンも動画で公開されています。

 

ハンダ付けなど多少技術的な知識と経験は求められますが、これがあれば「Google日本語入力 ピロピロバージョン」に近いものを再現することができます。ただ、エイプリルフールネタを見てから急遽販売されたため、価格的にはなかなか高めの税込5,400円。現在確認している時点での在庫は残り3個です。気になる方はお早めにどうぞ。

 

www.switch-science.com

 

あとがき 

Google日本語入力ピロピロバージョンの動画の最後に紹介されるマウスフリーバージョンが何ともシュールでクスりと来ました。普段の生活の中でもエイプリルフール文化はいつか消滅してしまいそうな気もしますが、WEB界隈ではしぶとく生き残って欲しいものです。