読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

タクシー配車アプリでママタクシー認定ドライバーが呼べる!日本交通が働くお母さんを応援する「育児タクシープロジェクト」をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

タクシー会社大手の日本交通が、タクシー配車アプリを展開しているヘイローと共同でまた新しい試み。働きながら育児を行う女性の移動を支援するプロジェクト「はたらくママのための育児タクシー」の立ち上げを発表しました。

 

f:id:aiza_wai:20150420065222p:plain

 

働くお母さんを応援する「ママタクシー認定ドライバー」 制度

このプロジェクトは、仕事と子育てを両立するいわゆるワーキングマザーが日常生活の移動手段としてこれまで以上に積極的にタクシーを使ってもらうことを目的に、スマートフォン用のタクシー配車アプリと連携して「ママタクシー認定ドライバー」が運転するタクシーを提供するというものです。

 

東京エリアでは日本交通のタクシー配車アプリを、 

日本交通タクシー配車

日本交通タクシー配車

  • Nikko Data Service Co.,Ltd.
  • 旅行
  • 無料

 

 大阪エリアではヘイローのタクシー配車アプリ「Hailo」を利用して、

Hailo

Hailo

  • Hailo Network Ltd.
  • 旅行
  • 無料

 

ママタクシー認定ドライバーを呼ぶことができます。 ママタクシー認定ドライバーとは、トランクサービスの徹底や適切な接客対応など、今回のプロジェクトの定めたガイドラインに基づいてトレーニングを行い、基準を満たしたドライバーの事を指します。東京では、日本交通のタクシードライバー全員(約4,000人)が認定ドライバーとしてサービスを提供し、大阪ではヘイローが連携するタクシー会社の一部のドライバーが対象となります。

 

一種の利用促進キャンペーンだとは思いますが、乗ってもらう人やサービス品質内容を明確にすることで、利用者としては安心して利用することができますし、タクシードライバーからしてみても、利用者が期待するサービスを提供しやすいというメリットがあります。

 

ママタクシー認定ドライバーを使うと利用料金が上がるのか?と聞かれるとそんなことはなく、通常の運賃と同様の料金で利用することができます。むしろ、プロジェクトの特設サイトを通じて1,500円の割引クーポンを総計2000組に配布予定だそうです。気になる方は、下記の特設サイトもチェックしてみてください。

 

あとがき 

忙しさを言い訳にしたくないですが、最近記事を書き続けるのがなかなかしんどくなってきました。ちょっと油断したら、更新を止めてしまいそうな危うい感じ。せっかく450日以上続けてきているので、ここでやめてしまうのは勿体無さがあります。何とか踏ん張りたいところです。