読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

常にハート型で持ち歩かなければならない時代を逆行するこだわり満載のハート型PHS「Heart 401AB」

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

最近はスマートフォンが当たり前でPHSはほとんど見かけなくなりましたが、PHPも独自路線でまだまだ頑張っているようです。本日ご紹介するのは、Y!mobileが提供するハート型PHS「Heart 401AB」です。イマドキPHSという点を除いても決して便利とは言えないこの電話機。利便性を完全に無視して、作り手のこだわりが満載。ハマる人にはハマるケータイなのかもしれません。

 

f:id:aiza_wai:20150121122902j:plain

 

クルリとひねれる見た目がハートマークそのままなPHS 

もともとY!mobileはイー・モバイルとウィルコムが一緒になってできた会社なので、継続してPHSも扱っています。そんな中でも、かなりの変わり種がこのハート型のPHS「Heart 401AB」です。

 

f:id:aiza_wai:20150120164707j:plain

 

とにかく見た目重視のつるんとしたフォルムは、まさにハートマークそのもの。このハートマーク、ひねってクルりと回転させ棒状に変形することができ、変形させる最中に見える中の断面部分に電源ボタンが付いています。

 

f:id:aiza_wai:20150419115217j:plain

 

棒状にしてタッチセンサーを駆使して電話番号を入力

ハート型の状態では待受しかできないそうで、操作を行う場合には棒状にする必要があります。棒状にすると、上側にディスプレイが表示されて、時刻や電場状態を確認することができます。ここらへんの見た目は、一昔前のケータイを思い出します。

 

f:id:aiza_wai:20150120230152j:plain

 

数字入力ボタンらしきものは無いので、どこで番号を入力するの?と最初は戸惑いそうですが、下部分にタッチセンサーが付いていて、そこでダイヤルを1つ1つトグル形式で入力する必要があります。正直、操作的にはかなり面倒そうです。アドレス帳から発信する機能はあるみたいなので、実用にはアドレス帳を駆使するのが良さそうです。

 

常にハート型で持ち歩かなければならない利便性無視の作り手のこだわり

その他、着信した時は、ハートの形態から棒状にひねると通話開始、ハートの形態に戻すと通話終了になり、棒状のままだと着信したタイミングで自動で通話開始してしまうという仕様。つまり、持ち歩く時は常にハート型にして持ち歩かなければならないということです。利便性を無視して、創り手のこだわりをとことん追求する姿勢は、ある意味脱帽します。

 

「Heart 401AB」は現在もY!mobileで購入することができます。あまりいないかもしれませんが、気になる方は下記ページから詳細をご確認下さい。

 

あとがき 

決して使いやすいとは思えないですが、端末としての個性と存在感は半端無いので、こんなかわいいケータイ欲しかった、スマホの機能を使わない、けど電話はする、って人には良いのでしょうか。それでも、この見た目を相当気に入らない限りは、ほとんど需要は無い気もしますが。2台持ち前提の、カップル専用電話機、みたいな位置づけで売り出するのもアリかもしれません。