読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いーとてくのろじ

It is IT news out of curiosity.

磁力でピタッとケーブルを収納できるAnkerモバイルバッテリーの新シリーズ「Anker Zolo」

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読む前にポチ・ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ

本日ご紹介するのは最高のコストパフォーマンスを誇るAnkerモバイルバッテリーの新シリーズ「Anker Zolo」です。このシリーズの特徴は、マグネットパワーで充電用ケーブルが本体にピタッとくっつくこと。ケーブルも含めて手の平に収まるコンパクトサイズは、普段の持ち運びにピッタリのモバイルバッテリーです。

 

f:id:aiza_wai:20150427082011j:plain

 

マグネットパワーでケーブルをピタッと収納 

Anker Zolo シリーズの一番の特徴は磁力を使ってピタッとケーブルを収納すること。コンパクトなモバイルバッテリーは世に色々出ていますが、何だかんだでケーブルも一緒に持ち歩くと絡まって邪魔になるので、ケーブルを含めて嵩張らずに持ち運べるのはモバイルバッテリーとしてはかなり嬉しい。

 

f:id:aiza_wai:20150427082341j:plain

 

付属のマグネットパーツを使えば、専用ケーブルでなくても本体に巻きつけて収納することができます。

 

最もコンパクトな3000mAhタイプがモバイル用途にはオススメ

「Anker Zolo 3000mAh」の場合は、スマートフォンを約1回程度フル充電可能です。ちょっと容量は物足りない感はありますが、モバイル用途の方がマグネットパワーの魅力が活きるので、本シリーズは最もコンパクトな3000mAのタイプが一番オススメかと思います。

 

気になる価格は送料込で2,299円と大変リーズナブル。さすがAnkerさん、いつも期待を裏切りません。

 

 

もっとパワーが欲しい!と思う方向けには、6000mAhと12000mAhのタイプもあります。こちらの価格は、それぞれ3,599円と3,999円です。

 

 

指でなぞると表示されるバッテリー残量

 

f:id:aiza_wai:20150427083255j:plain

 

もう1つユニークな仕様は、指でLEDライト部分をなぞるとバッテリー残量が表示されるところ。遊び心があって楽しい感じです。ボタンを無いデザインにもこだわりを感じますね。

 

磁気カードと一緒に持ち運ぶ際は要注意

とても便利な Anker Zolo シリーズですが、一点注意なのが「磁力」を使っていること。磁力に影響を受けやすい磁気カードなどと一緒に持ち運ぶと、思わぬトラブルが発生するかもしれません。

 

f:id:aiza_wai:20150427084105j:plain

 

 

フロッピーを使っていた時代と異なり、最近のPCやMac、そしてスマートフォンやタブレットは磁石を近づけてもほとんど影響が無いように作られているので、その点は問題無いようです。iPhoneにピタッとくっつける専用の「Zolo ケース」も発売されています。

 

 

あとがき 

いつもケーブルがバッグの中で嵩張る経験をしていたので、一緒に収納できる点は非常に魅力的。既にAnkerのモバイルバッテリーを持っているのがちょっと残念な感じです。値段も安価ですし、今の時代は誰でもスマートフォンは持っているので、誕生日プレゼントなんかには良いかもしれませんね。